ドラッグストアで買える育毛剤の特徴について

育毛剤にはドラッグで購入できるものと、通販限定で販売されている商品があります。ドラッグストアで購入できる商品の方が、信頼性が高く、育毛効果も望めるのはなぜでしょうか。

通販限定育毛剤は、中小の規模の業者が取り扱っていることが多く、重大な健康被害に合った際の補償の面で不安があります。
また、一部のネットショップでは会社の所在地が明らかにされていないことがあり、トラブル時の対応が懸念材料です。

通販限定育毛剤のネットショップの中には、開封して使用を開始した商品でも、「30日返金保証」や「45日間返金保証」を謳う業者もみられます。
しかし、育毛剤の効果が実感できるのは使用してから3か月目以降であることが多く、30日や45日の期間では、短期的な副作用の有無を確認できる程度です。
返金保証には条件を設けている業者もあり、返金できることがさほどメリットとはいえないでしょう。

また、海外の育毛剤の個人輸入を代行する業者もありますが、健康被害が起きても対処方法がないに等しく、偽物が送付されるリスクもあります。
原則としてすべて自己責任となりますので、リスクが大きいです。

一方、市販育毛剤であれば、重大な健康被害が起きたときには、購入店から製造元をたどっていくことが可能です。
ドラッグストアで扱う育毛剤の多くは、大手メーカーの商品です。大手メーカーの育毛剤であれば、トラブルの際には相談窓口に問い合わせやすく、重大な健康被害が起きた場合には補償が行われるケースが多くを占めます。大手メーカーでは、莫大な費用を掛けて臨床試験も繰り返して商品開発を行い、製造過程でも厳しい検査を実施しているため、商品に信頼感があります。

通販限定育毛剤を扱うネットショップでも良心的な業者はありますし、優れた育毛剤もあるかもしれません。
しかし、ドラッグストアで販売している市販育毛剤は、メーカーの名にかけて世に出され、安定した品質が担保された商品なのです。

ドラッグストアで買える育毛剤のランキング

ドラッグストアで購入できる育毛剤の中から、育毛効果が高いものをランキング形式でご紹介します。

1位 リアップX5プラス

1位 リアップX5プラス

価格 7,048円
メーカー 大正製薬
内容量 60mL
主成分 ミノキシジル、ピリドキシン塩酸塩、トコフェロール酢酸エステル、l-メントール

リアップX5プラスは、育毛剤で唯一第一類医薬品として認可されています。「ミノキシジル」が配合された商品は海外製のものはありますが、日本製品では唯一リアップシリーズのみに配合されていることも大きな特徴です。「ミノキシジル」は血管を拡張して、毛母細胞に栄養を運ぶことで頭皮環境を改善し、発毛を促します。

詳しく見る
2位 薬用毛髪力

2位 薬用毛髪力

価格 定価設定なし
メーカー ライオン
内容量 200mL
主成分 サイトプリン、ペンタデカン、乳酸オクチルデシル、オキナワモズク、ピロクトンオナミン、ビタミンE誘導体

薬用毛髪力は、毛根細胞内のBMPとephrinというタンパク質の生成を促す「サイトプリン」と、ケラチンというタンパク質の合成を助ける「ペンタデカン」が主な育毛成分です。この2つの物質の働きによって、毛根細胞内のタンパク質の生成が増大し、発毛指令が促され、脱毛を起こすNT-4というタンパク質の生成を抑える効果もあります。

詳しく見る
3位 薬用アデノゲン

3位 薬用アデノゲン

価格 2,376円
メーカー 資生堂
内容量 50mL
主成分 アデノシン、パナックスジンセンエキス、β-グリチルレチンサン、ソフォラ抽出エキス、l-メントール、パントテニールエチルエーテル

薬用アデノゲンは、人の体内にある「アデノシン」という物質をもとに開発された育毛剤です。「アデノシン」には血行を促進することで、毛母細胞などに発毛に必要な栄養を届ける作用や、発毛促進因子のFGF-7を生成することで、発毛を促す作用があります。「アデノシン」には毛髪の成長期を効果もあることから、ハリのある髪へと生まれ変わることも期待できます。

詳しく見る
4位 薬用サクセス育毛トニック

4位 薬用サクセス育毛トニック

価格 定価設定なし
メーカー 花王
内容量 180g
主成分 t−フラバノン、ニコチン酸アミド、ピロクトン オラミン

薬用サクセス育毛トニックは、育毛成分が毛根に届くようにスプレー型で、噴霧して使用することが特徴です。主成分の「t-フラバノン」によって、毛髪の根元にある毛球を大きく育てることで、脱毛を防ぐ効果があります。スプレータイプですので清涼感があり、薄毛対策の中でも、抜け毛に悩む人に向けた育毛剤です。

詳しく見る
5位 カロヤンガッシュ

5位 カロヤンガッシュ

価格 7,200円
メーカー 第一三共ヘルスケア
内容量 240mL
主成分 カルプロニウム塩化物水和物、カシュウチンキ、チクセツニンジンチンキ、ヒノキチオール、パントテニールエチルエーテル、l-メントール

カロヤンガッシュは、第3類医薬品として販売されている育毛剤です。主成分の「塩化カルプロニウム」には血管の拡張作用があり、酸素や栄養を毛母細胞に送りやすくすることで、発毛を促進する働きがあります。カロヤンガッシュは、カロヤンシリーズの中でも、特に発毛効果が高いと位置づけられる商品です。

詳しく見る

2016年にリリースされた通信販売専用の育毛剤ピックアップ

通信販売の育毛剤もドラッグストアで販売されている育毛剤以上に点数が豊富です。その中でも特に信頼が置けそうな育毛剤について3つピックアップしました。本来はドラッグストアの育毛剤を取り上げているので、ここでは簡単な概略と参考になるサイトの紹介にとどめさせていただきます。


新型濃密育毛剤 BUBKA

正確に言うと、2011年から発売されている育毛剤なのですが、これまでに3回リニューアルを繰り返していて、最新版は、頭皮の糖化という部分に着目し、それを防ぐことで頭皮を健康な状態に保ち、育毛につなげるという育毛剤です。これはこれまでの育毛剤の処方にはなかった新しいアプローチで、メーカーの熱心な研究開発姿勢がうかがえます。基本の成分は、M-034というミノキシジルと同等の発毛効果を持つ海藻エキスが含まれており、多くのユーザーから支持されているようです。


ナノインパクト100

この中で唯一東証一部上場企業「ホソカワミクロン」が製造している育毛剤でメーカーの信頼度はドラッグストア育毛剤とほぼ同等と考えていいでしょう。もともとナノミクロ技術でさまざま商品を開発しているだけあって、この育毛剤も成分よりナノレベルまで細分化された成分の浸透力をフィーチャーしています。まだ発売されたばかりでめぼしい情報はないものの、この方の体験記が参考になります。


The sculp5.0

こちらもM-034と同様、ミノキシジルと同様の効果をもたらすというキャピキシルを配合した育毛剤。さらにナノインパクト100ほどの微粒子ではないものの、毛穴の1/25,000まで極小サイズにナノ化されたゴールドとプラチナを配合し、浸透力の強化にもこだわっているそうです。お値段は15,000円と今回取り上げる育毛剤の中では最も高い金額です。